2012-06-24

後記+プロフィール270

後記 ● 西原天気


梅雨ですね(おまけに颱風到来もあったり、と)。ラジオから「日本は四季の国ではない。梅雨という雨期のある五季の国だ」と、天声人語・朝日新聞のCMが流れるのを聞きました。そりゃそうなんですが、いわゆる「ドヤ顔」(声だけなのに!)がドーンと前面に押し出される点、さすが朝日新聞、さすが天声人語というところでしょうか。

(なお、この「五季の国」の元ネタは、俳人・宇多喜代子さんが朝日新聞に寄せた一文だそうです →こちら天声人語の記事



先日、家と近くの桜の木の根元にキノコが生えているのに気づきました。ナメタケのような外観です。「おっ、梅雨茸!」と思った自分は、だいぶ俳句脳だな、と。



サッカーの欧州選手権(ユーロ2012)が決勝トーナメントに進み盛り上がりを見せるなか、日本のニュースサイトでは、香川選手のマンチェスター・ユナイテッド入団の記事のほうが大きな扱い。これに限ったことではありませんが「邦人」中心の海外記事。

マンチェスターというイギリス北西部の町は、都市部の人口約50万人、周辺・近郊を合わせて約220万人。これくらいの規模の町に、2つの世界的なサッカーチーム(もうひとつはマンチェスター・シティ)。これが伝統の力ってやつですか?



首相官邸前で再稼働反対デモ。22日(金)は主催者発表で45,000人。その翌日、東京ドームの読売・ヤクルト戦の観客42,081人。

なんか、人数づいてきちゃったので、こんへんでやめておきますが、脱原発は、このさき数十年・百年スパンの国家的テーマです。「反対」の中のファナティックな勢力(成分)が、脱原発を遅らせたり失敗に終わらせたりしないといいですね。「脱~」とは、これに限らず、冷静で聡明な方策・手順によってもたらされるものだと思うのです。



それでは、また、次の日曜日にお会いしましょう。



no.270/2012-6-24 profile

平山雄一 ひらやま・ゆういち
1953 年、東京生まれ。わらがみ句会代表。音楽評論家として、奥田民生やサカナクションの歌詞に俳句を感じる毎日。8月末には池上本門寺で平山キャスティングの 音楽イベント“SLOW MUSIC SLOW Live”(http://lultimo.jp/smsl/)を開催。星野源や大橋トリオ、オリジナルラブの好演を観に、ぜひ参加されたし!

■橋本 直 はしもと・すなお
1967年生。「豈」同人、「鬼」会員。「俳句の創作と研究のホームページ」

■小川春休 おがわ・しゅんきゅう
1976年、広島生まれ。1998年「童子」入会。2009年「澤」入会。現在「童子」同人、「澤」会員。句集『銀の泡』。サイト「ハルヤスミ web site

■野口 裕 のぐち・ゆたか
1952年兵庫県尼崎市生まれ。二人誌「五七五定型」(小池正博・野口裕)完結しました。最終号は品切れですが、第一号から第四号までは残部あります。希望の方は、yutakanoguti@mail.goo.ne.jp まで。進呈します。サイト「野口家のホーム ページ

西原天気 さいばら・てんき
1955年生まれ。「月天」同人。句集に『人名句集チャーリーさん』(2005年・私家版)、『けむり』(2011年10月・西田書店)。ブログ「俳句的日常」 twitter

0 コメント: