2012-06-10

【週俳5月の俳句を読む】阪西敦子

【週俳5月の俳句を読む】
ふれることができないほどありふれたこと

阪西敦子


ありふれたことに喜び、それがあまりにありふれていることに感動するたちである。「週俳5月の俳句」の中から、例によって好きな句を拾い出して、並べて眺める。


少女怒れば少年の朧なる   竹岡一郎

「朧」は捉え方も詠み方も幅のある季題。事柄が即物的で季題は象徴的という句が結構あるのだけど、この句はその逆。出来事がわりと象徴的なのだけど、季題はあくまで即物的な話。その収束が楽しい。

点心に脈打つて蛭太りけり

これもまたそう。「点心に脈打つ」とは即物と象徴が半ばする表現なんだけれど、蛭がでてくると、なんとなく最後は具象の色が濃い。ああ、いいなと思う。


葉桜やひかりは闇をくり返し   沼田真知栖

いや、驚く。光がずっと光っていたら、光とはわからない。そうか、そうだったのか。「闇をくり返し」だなんて、強引な物言いだけれど、きちんと言われるよりもよっぽど身につまされる。

見上げては塔の存在柿若葉

見上げるのは塔か、塔の気配の空か、柿若葉か。「存在」などと、句に持ち込むと変に働いて厄介そうな言葉なのに、この句の中では素直にしている。柿若葉のいかつい存在が、景色の中の塔同様に、この言葉をうまく従えているのかもしれない。


くらがりに雉のおさまるお昼どき   佐藤文香

春深しみどりの池に木は倒れ

見たかもしれないと思う。むろん、どこで見たかは思い出せない。ただ、これまでにたった一度だけ見て、この先、同じ景色を見ても、前に見たことに気づかないし、認識もしないと思う。そんな、ありきたりなのだけれど、わかるわかると思えない景色。同感はしなくて、言い当てられたことにぎょっとする句。ああ、晩春である。

夕焼や襟の光を袖に移し

なんなんだろうか、もう、実景とも言えない。といって、実体を離れてしまったのではなくて、その逆であって、うまくいえないけれど、言葉が景色の実感を追い越してしまったようなかたち。描かれる景色や、記憶の力を借りずに、句自体が実感を持っている。
真にありふれたことこそ本当は手の届かないこと。それを読むのは、楽しい。


第264号
竹岡一郎 比良坂變 153句 ≫読む
第265号
佐藤文香 雉と花烏賊 10句 ≫読む
第266号
沼田真知栖 存在 10句 ≫読む


0 コメント: