2012-08-26

夜空 谷口摩耶句集『鏡』の一句 西原天気

夜空
谷口摩耶句集『鏡』の一句

西原天気



七夕は郷里(播州)では8月7日。今の時期に七夕の句を取り上げても、それほど季節外れというわけでもないでしょう。

  七夕のいちにちあとの夜空かな  谷口摩耶

描写ではない。では何なのかというと、言い方が難しいが、提示。

対象を描写する句は数多く、俳句のメインの分野。ですが、描写ばかりだと、ちょっと、俳句自体が退屈な分野に思えてくることがある。読むほうでも、うまく描写できている か、そうじゃないか、といった基準ばかりにこだわると、合否判定をしているような気になってきて、読むのが愉しみじゃなくなる。

掲句。提示されているのは夜空。

七夕の句で夜空が出てくるなら、それはもう何百万回繰り返すのだ?というくらいに既存。この句は、そこを「いちにちあと」とずらす。大きくずらすのではない。「いちにち」です。この「いちにち」の《ずらし》、大きなずらしではなく少しのずらしのもたらす心地よさ。

誰もが見ていたようで見ていなかった夜空、見ていなかったようでじつは見ていた夜空が、ここに提示されたわけです。


掲句は句集『鏡』(2012年8月1日/角川書店)より。ほかに数句を。

  まだ熱き塀に凭れて花火待つ

  みづいろの蜻蛉低く鉄の町

  秋がもう行つてしまふよ山に雨

  吊革に春眠の揺れありにけり

  初鏡つかまり立ちの指のあと



0 コメント: