2012-09-02

郷愁 小池康生句集『旧の渚』の一句 西原天気

郷愁
小池康生句集『旧の渚』の一句

西原天気


晩夏光鳶は遠くへ行かぬ鳥  小池康生

くるくると輪を描いて飛ぶ鳶だから、「遠くへ行かぬ」と、掲句は明快。

ただ、勝手な読み方を許してもらえるなら、鳶は、私個人の郷愁と分かちがたい。

鳶は日本中どこにでもいるのかとも思っていたが、考えてみると、いま住んでいるところ(東京西郊)では見たことがない気がする。故郷では毎日のように目にしていた(ような気がする)。

生まれ育った場所から「出たい出ていきたい」と見知らぬ外の世界に恋焦がれた。イナカに暮らす十代の多くはそうではなかろうか。その憧れや、出ていけない焦燥が、見上げる空に舞っていた鳶と、いま思えば照応する。鳶は、遠くへ行かぬ鳥であり、そこにとどまる鳥なのだ。

そう思えば、「晩夏光」とは、この景になんとふさわしいことか。


なお、集中《無花果は簞笥の色をしてゐたり》もまた、郷愁にじわりと訴えてくる句。


郷愁郷愁とうるさいことで、すみません(年をとったなあ。もうすぐ死ぬのか、私)。


0 コメント: