2012-12-09

林田紀音夫全句集拾読243 野口裕


林田紀音夫
全句集拾読
243

野口 裕





雨粒の走る硝子の中に病

昭和六十一年、未発表句。仰臥の姿勢から見上げた窓に走る雨粒を見たところか。無機物の方が生気横溢している。

 

樹の下を出て水音の方へ行く

昭和六十一年、未発表句。「珈琲を飲むいちにちの途中にて」というような、低調な句が散見される中、この句は少し面白い。散歩途中の気ままな寄り道。心身共に余裕のある状態なのだろう。「桃花源記」の出だしを思い出したが、ちょっと個人的すぎる感想になる。

 

ほとほとと木の葉滴る千社札

昭和六十一年、未発表句。紀音夫得意の仏教習俗句の中では異色作。千社札を取り上げることは珍しいし、「木の葉滴る」という表現もあまり見たことがない。木の葉降りしきる寺の境内を叙景し、淡い句ながら印象鮮明。

0 コメント: