2013-04-14

ダジャレともじりとエロの交差点 佐山哲郎句集『娑婆娑婆』の一句 西原天気

ダジャレもじりエロ交叉点
佐山哲郎句集『娑婆娑婆』の一句

西原天気




句集『娑婆娑婆』には、次のような3つの顕著な手法的・題材的特質があります。

A シニフィアンにおける音韻の相同性を手がかりに、シニフィエにおける意味連続性に断絶をもたらす手法。言い換えれば、ダジャレ、語呂合わせ。

B プレテクストの広汎な価値浸透を前提として(しばしば批評的にメタ化することで)読みに重層化をもたらす手法。言い換えれば、もじり/オマージュ。

C エロティックな題材。言い換えれば、「佐山さん、エッチw」。

この3つの特質を兼ね備えたのが、この一句。

  逝く春を交尾の人と惜しみける  佐山哲郎

3特質の交叉点、というわけで、この句集を代表するにふさわしい一句といえるでしょう。

 ●


「3特質」には当たらない句も、気ままにあげておきます。

  天高く娘ざかりを棒にふる

  月光の腑に落ちてゆく固さかな

成句をうまく利用した句。

  蘭を挿しすぎた花瓶のやうな歌手

「半速球」的直喩で、弛緩した可笑しみが醸されている句。

当然ながら、いろいろな句があって、それぞれ楽しめます。

 ●

「娑婆」とは煩悩や苦しみの多いこの世のこと。句集『娑婆娑婆』は、私たちがこの世の煩悩・苦悩に暮らしていることを知っている人(それがオトナ)のための句集、そのうえでバカバカしくも哀しく心優しい人たち(それが魅力的なオトナってものです)のための句集です。

 ●

なお、はじめの掲句もじりの元になっている句をご存じない読者は、まさかいらっしゃらないと思いますが、いちおう。《行く春を近江の人と惜しみける・芭蕉》。

0 コメント: