2013-05-12

週刊俳句 創刊6周年記念誌上句会 結果発表

週刊俳句 創刊6周年記念誌上句会
結果発表



【六】選句と作者・一覧

【法】選句と作者・一覧

【全】選句と作者・一覧

【書】選句と作者・一覧

【雑詠】選句と作者・一覧


句会後の歓談その他、コメント欄にどうぞ。

3 コメント:

ハードエッジ さんのコメント...

おはようございます
誤読のハードエッジです
楽しく読ませて頂きました
ありがとうございます

なんと、
選外句の作者名も
発表されるんですね
驚愕いたしました(涙)

さて、この後、
作者別の一覧は出るんでしょうか?
(句のみ、選評抜きで)
もう一回楽しめるようにも思います
よろしくお願いします

野口裕 さんのコメント...

選外句の作者名発表はよくある方式です。これに慣れると面の皮は厚くなります。
さて、作者名の一覧ですが、編集者の手を煩わすまでもなく、表計算のちょっとした操作で読者側で作れます。参考までに並べておきます。

遠くまで全集のなき日本地図  KIYOAKI FILM
全くの子と言う蝗横向く牛  KIYOAKI FILM
法律に狩られて猪は逃げちゃった  KIYOAKI FILM
旅に出て月の裏まで夏の国  KIYOAKI FILM
六人の武者震いかな熱帯魚  KIYOAKI FILM
夏の夜になりきる法善寺横町も  M-s
去年今年張形を置く枕がみ  M-s
春あけぼの六方踏みて去りゆくもの  M-s
書簏とはしよろくと読みて冬の朝  M-s
全焼の市民会館秋の暮れ  M-s
へびいちご白書色褪せたる晩夏  fuchi
怠惰なる紙魚は六法全書食む  fuchi
着衣のごと見ゆる男は全裸かな  fuchi
法螺吹が法螺吹いてゐる春の昼  fuchi
木の芽雨ちくちく育つ第六感  fuchi
またひとつ全きくらげながれゆく  ハードエッジ
一針の四翅六角の蜂の巣へ  ハードエッジ
室の花六法全書置かれある  ハードエッジ
書ばかり読んで阿呆に春の雷  ハードエッジ
法蓮草ポパイオリーブ老いるとも  ハードエッジ
四六の十テストの後の老母晴晴  バンの
糸もつれ人もつれ合い春雷抱く  バンの
書架の奥は紙魚の栖の小銀河  バンの
少年僧をみなを前に作法かむ  バンの
全裸磔刑つまさきに火口触れ  バンの
はつなつになる方法がひとつある  近恵
花は葉にたっぷり筆へ含ませて  近恵
行く春の六弦に届かない指  近恵
春愁の全行程を終了す  近恵
野遊や終わらせたくて大きく書く  近恵
花過ぎの礼法室に靴溢れ  栗山心
花冷や書棚に掛ける大梯子  栗山心
荷風忌やフラットシューズ履かぬ主義  栗山心
春光や全校生のメイポール  栗山心
六限を学食に待つ春セーター  栗山心
トライアスロンの走るともなく泳ぐともなく  今村豊
花菜漬六平直政風寮母  今村豊
全教室の映るモニター若葉冷  今村豊
凸の書き順凹の書き順さくら散る  今村豊
法科出て護国神社の桜守  今村豊
泳法のやぶれかぶれのいやはやし  山田露結
図書室にプールの声の届きたる  山田露結
水着に始まり水着に終る雑誌かな  山田露結
全コース膝落としたるプールかな  山田露結
六月やあはれあはれと水を掻き  山田露結
書記長が名前を秘して逃げる夏  小市
人知れず微笑んでいるか六月  小市
法被着るコンビナートのうかれ猫  小市
麗らかや西部講堂全闘委  小市
贅六が築きし春のバリケード  小市
顎あげて紅や西日も魔法かな  小松三々
古書店の活字横切る守宮かな  小松三々
細く高く遠く賛美歌夏の山  小松三々
入梅や二組全員次々後転  小松三々
六歳で人形の髪洗ひたくて  小松三々
鳥帰る教科書で見た島の方  青葉有
万緑や恐い夢は全くみない  青葉有
未知数と答えを返す藤の花  青葉有
六道の辻から吹くよ若葉風  青葉有
鶯や法テラスへの電話メモ  青葉有
肩の位置決まらぬ打球法然忌  石井薔子
腰椎の全からざる花の後  石井薔子
春陰の書き損じ否打ち損じ  石井薔子
白々と爪の半月春逝けり  石井薔子
六弦の合はぬが苦なり藤の花  石井薔子
遠近法はみ出し夏の子となりぬ  石原明
真夏の夜の夢ムーンウォークは全力で  石原明
曝書して当て字だらけの世界地図  石原明
六月の死者のひとりは若き故  石原明
六法全書投げてゴキブリ仕留めけり  石原明
瓜を蒔く焚書の話などしつつ  村田篠
汽笛となつて六甲に夏が来る  村田篠
春愁やばらしてみれば発条ひとつ  村田篠
春闌けて顔の大きな法律家  村田篠
全国のみゆき通りに風薫る  村田篠
火事跡の六波羅様を歩きけり  中山泡
枯菊が文法どほり枯れゐたり  中山泡
子兎を握り書物の中に立つ  中山泡
六法全書とは冬眠によきところ  中山泡
神学の全貌を湯豆腐に見き  中山泡
畦を焼く六等身の人ばかり  中村遥
人を焼く仕事と畦を焼く仕事  中村遥
全身の透けるまで瀧仰ぎけり  中村遥
虹色の雨となりたる夏書かな  中村遥
末法の世より蜥蜴の嘘眠り  中村遥
Tシャツを脱ぎてふたりの書生かな  忠義
メーデーや法華太鼓の列もあり  忠義
宿六と甚六ならび鯉のぼり  忠義
髪洗ふ石鹸の香や裏道に  忠義
麦秋や全て通じし自動車道  忠義
さへづりて六角鉛筆一ダース 藤幹子
ウルトラマン大全目刺かじりかけ  藤幹子
教科書の燕は卵抱き始む  藤幹子
蛇二匹穴を出でしか呪わうか  藤幹子
少年のあごに魔法の桜もち  藤幹子
書を丸め未来を覗く一年生  透水
人間の魚になりゆく薄暑かな  透水
全身のバネ一丸にボート漕ぐ  透水
法然の遠流を囲む青葉潮  透水
六月の花嫁と決め出刃を研ぐ  透水
リラ冷えの夜の法律事務所かな   独楽
古書店の憂ひ菜飯を食ふてより   独楽
山査子の花三粒の睡眠薬   独楽
全校で生徒は五人しやぼん玉   独楽
六周年迎え栄螺の焼け具合   独楽
いもうとのはつなつをこぼれてゐたる  柏柳明子
下書きの祝ひのことば豆の花  柏柳明子
聖五月窓高くある法学部  柏柳明子
八十八夜全権は妻にあり  柏柳明子
風光る六角橋商店街  柏柳明子
しやつくりの響く古書店春の昼  豊永裕美
全店の灯りが消えて草萌ゆる  豊永裕美
鉄線花上履き空に向けて干す   豊永裕美
田螺鳴く腹のふくらむ呼吸法  豊永裕美
六つ切りのパンの一切れかぎろへる  豊永裕美
残花余花バタコ飛ばしたらあかんで  野口裕
書くという行為が叩くキーボード  野口裕
法悦の早々極み子規  野口裕
六甲のふところ深く山つつじ  野口裕
神学大全時計の針が丸っこい  野口裕
砂浜の小さき靴鳥雲に入る  遊起
藤房に全能の神下りてきし  遊起
法面の除染してますすみれ草  遊起
万作や線量計を書き留める  遊起
六月の腹の具合を星に聞く  遊起
ああ藤の全貌が吹かれている  六番町
昼顔の夜へ呑まれてゆくところ  六番町
白蓮のたっぷり錆びて書庫の奥  六番町
法王庁殺意のごとく百合香り  六番町
問六の答えは白いチューリップ  六番町

ハードエッジ さんのコメント...

おお、自主制作、ありがとうございます
行頭に「○」や「■」の付いてない行を
選択すればいいんですね
(表計算、どうも苦手です)

そのためにも、投句の際は、
長めのコメントでも
途中に改行を入れてはいかんのですが、
私はご覧のように
ぶつ切りの文章を書くもんで、、、
投句コメントの改行除去作業、
ご迷惑おかけしました >編集者殿

作者一覧、
なるほど、なるほど、であります

> 選外句の作者名発表はよくある方式です。これに慣れると面の皮は厚くなります。

私は句会経験が少ないので驚きでした
そのうち、
逆選ナシは句会じゃない
とか言い出すと怖いですね(笑)