2013-06-09

林田紀音夫全句集拾読 269 野口 裕


林田紀音夫
全句集拾読
269

野口 裕







滝落ちてやがて平らに水急ぐ

平成二年、未発表句。「て」の繰り返しがやや耳にうるさく響くのを差し引いても、面白い着眼点。滝に背を向け下流を見つめる視線には、滝と、かつての苦しかった時代を重ね合わせる思いが潜んでいそうだ。下五の措辞がそうした感想をさそう。

もし、「滝」が季語でなければ、紀音夫好みの素材になり得たのではないか。そんな想像もこの句を読むと湧き上がってくる。

 

河口に近く白昼の人影を絶つ

枇杷熟れて白昼のひと行き過ぎ


平成二年、未発表句。白昼二句。無季の句は人影に焦点を当て、有季の句は季語に焦点を譲るためひとの景はあっさりと仕上げる。無季の句の次に有季が並ぶ点は、推敲過程の行きつ戻りつと言ったところか。

0 コメント: