2013-09-08

自由律俳句を読む10 コスモス 馬場古戸暢

自由律俳句を読む 10 コスモス
 
馬場古戸暢

「コスモス」の美しさには、詩情をかき立てられてしまうのである。

願いごと無いわけではないコスモス夜に揺れ  シブヤTヒロ

願いごとをコスモスにかける風習があるのだろうか。あるいは、七夕の日の景だろうか。どちらにせよ、日中とはまた異なった風貌を、コスモスがみせてくれていたことだろう。

コスモスの絵届いて秋になる  井上敬雄

季節ごとに、季節の風物を描いた手紙が送られてくるのだろう。電話だけでなくインターネットが主流となった時代において、もとい、インターネットを主に用いる私にとっては、どうにも味がある営みである。この絵手紙に対して、作者は何を描いて送ったのだろうか。

コスモスなよなよ風はいつもここにいる  上田森彦

コスモス畑には、いつも風が吹いているイメージがある。無数のコスモスたちが、なよなよと吹かれているイメージがある。コスモスと風は、絶えずセットで存在しているものなのかもしれない。


0 コメント: