2013-11-10

後記+プロフィール 342

後記 ● 村田 篠


今クールのテレビで放映されている連続ドラマに、「クロコーチ」というタイトルのドラマがあります。見ているわけではないのですが、このタイトルが妙に気にかかっていました。語感から言えば「黒コーチ」であり、なにか人の目に触れない社会の裏で、ビシバシ人を鍛える仕事なのかな、と漠然と思っていたら(この連想も相当いい加減ですが)、「黒河内」という主人公の苗字なのだそうです。あ、なんだ、人の名前かあ、と脱力したのですが、あまりお目にかかったことのない苗字ですし、実際にこの苗字をもつ人はいるのだろうか、と検索したら、ざくざくと出てきました。ドラマ原作の作者はよく探してきたものだ、と感心します。

同じく今クールには「ダンダリン」という連続ドラマもあって、こちらは薬の名前のような、はたまた床を鳴らす足音かかけ声のような語感なのですが、やはり「段田凛」という女主人公の名前なのだそうです。「クロコーチ」とはちがって、音の並びが意味を成さないところがミソなのでしょう。こちらもタイトルは気になったのですが、ドラマは見ていません。

人名も表記によって、ずいぶん質感が変わるものです。

ちなみに、私が印象深い人名として思い出すのは「つみきみほ」です。かつて青春モノで活躍した女優さんで、玩具のようなほのぼのした語感が、彼女の爽やかなキャラクターを引き立てていました。いまでも脇役でときどき見かけます。



さて、今週は、本井英さん、山岸由佳さん、仁平勝さんと10句作品が3作、加えて「俳句を読む」記事が充実し、読み応えのある号になりました。対中いずみさんと三島ゆかりさんの「2013落選展を読む」が始まり、小誌上田信治が角川俳句賞受賞作である清水良郎さんの「風のにほひ」を読んでいます。また「句集を読む」「週俳10月の俳句を読む」もあり、盛りだくさんです。どうぞお楽しみ下さい。

なお、「2013落選展」は、表紙の右肩にリンクをはっておりますので、引きつづき御覧いただけます。各作品へのご感想は、コメント欄にお願い致します。(≫コメントの書き込み方


それでは、また、次の日曜日にお会いしましょう。


no.342/2013-11-10 profile

■本井 英 もとい・えい
1945年生まれ。 夏潮」主宰、「珊」同人。
高校時代に清崎敏郎に師事、その後星野立子、高木晴子に師事する。 俳人協会幹事、俳文学会会員。句集に、『本井英句集』(本阿弥書店 1986年)、『夏潮』(芳文館 2000年)、『八月』(角川平成俳句叢書 2009年)

■山岸由佳 やまぎし・ゆか
1977年長野県生まれ。「炎環」同人、「豆の木」参加。

仁平 勝 にひら・まさる
1949年東京生れ。著書に『俳句が文学になるとき』(サントリー学芸賞)『俳句のモダン』(山本健吉賞)『俳句の射程』(俳人協会評論賞、加藤郁乎賞)など。

■対中いずみ たいなか・いずみ
1956年大阪市生まれ。2000年「ゆう」入会、田中裕明に師事。2005年第20回俳句研究賞受賞。「静かな場所」代表・「椋」同人。句集『冬菫』『巣箱』。

■三島ゆかり みしま・ゆかり
俳人。1994年より作句。 http://misimisi2.blogspot.com/

■ことり
「夜河」「LOTUS」同人。

■鈴木茂雄 すずき・しげお
1950年大阪生まれ。堺市在住。「きっこのハイヒール」「KoteKote句Love」所属。HP「WEB 575 Internet Haiku Magazine」 http://homepage1.nifty.com/ssweb575/ ☆Twitter「ハイク・カプセル」http://twitter.com/haiku_capsule

津久井健之 つくい・たけゆき
1978年生れ。早稲田大学俳句研究会OB。「貂」同人。

津髙里永子 つたか・りえこ
1956年兵庫県西宮市生まれ。「小熊座」同人。句集に『地球の日』。

■羽田野 令 はたの・れい
1950年生。「吟遊」「鏡」「ヤママユ」(短歌)「義仲寺」(連句)所属。メルマガ「ふわりと一句」、ブログ「けふえふえふとふてふ」

藤井雪兎 ふじい・せっと
1978年東京都生まれ。2012年自由律俳句集団「鉄塊」参加。第10回放哉賞入賞。 「鉄塊」web:http://haiku-free.blogspot.jp/

■山崎祐子 やまざき・ゆうこ
1956年、福島県いわき市に生まれる。 1984年、「風」にて俳句を始める。 句集『点睛』にて平成16年度俳人協会新人賞を受賞。 現在、同人誌「絵空」、「りいの」「万象」同人。 プロジェクト傳(いわき市復興支援グループ)東京事務局代表。 著書『知っておきたい日本の年中行事』(共著、2012年、吉川弘文館)、『日本の民俗7  男と女の民俗誌』(共著、2008年、吉川弘文館)、『雛の吊るし飾り』(編著、2006年、三弥井書店)ほか。

■茅根知子 ちのね・ともこ
1957年東京生れ。1999年「魚座」入会。「魚座」終刊にともない2007年より「雲」同人。2009年「雲」退会。第4回(2001年)「魚座」新人賞。第15回(2001年)俳壇賞。句集『眠るまで』(本阿弥書店)。「絵空」同人。俳人協会会員。

■馬場古戸暢 ばば・ことのぶ
1983年生まれ。自由律俳句(随句)結社「草原」同人。

■小川春休 おがわ・しゅんきゅう
1976年、広島生まれ。現在「童子」同人、「澤」会員。句集『銀の泡』。サイト「ハルヤスミ web site

■野口 裕 のぐち・ゆたか
1952年兵庫県尼崎市生まれ。二人誌「五七五定型」(小池正博・野口裕)完結しました。最終号は品切れですが、第一号から第四号までは残部あります。希望の方は、yutakanoguti@mail.goo.ne.jp まで。進呈します。サイト「野口家のホーム ページ」

西原天気 さいばら・てんき
1955年生まれ。「月天」同人。句集に『人名句集チャーリーさん』(2005年・私家版)、『けむり』(2011年10月・西田書店)。ブログ「七曜堂」 twitter

■上田信治 うえだ・しんじ
1961年生れ。共著『超新撰21』(2010)『虚子に学ぶ俳句365日』(2011)共編『俳コレ』(2012)ほか。

■村田 篠 むらた・しの
1958年、兵庫県生まれ。2002年、俳句を始める。現在「月天」「塵風」同人、「百句会」会員。共著『子規に学ぶ俳句365日』(2011)。俳人協会会員。「Belle Epoque」

0 コメント: