2013-11-17

後記+プロフィール 343

後記 ● 西原天気

むかしむかし「ひょっこりひょうたん島」という人形劇がありました(NHK総合テレビで1964年4月6日から1969年4月4日まで放映)。好きな話、好きなシーンがたくさんありましたが、大好きなのが、島の住人たちで野球をやる話。

ドン・ガバチョが投手としてマウンドに上がって投げた球。これがまあ、とんでもないスローボールで、いつまで待ってもバッターのところまで来ない。

それで、どうするかというと、全員、いったん帰宅する。翌朝ふたたびゲームがスタート。球はようやくバッターの手元。

スローボールにも程がある、というくらい、遅い。というか、数ある野球譚の魔球のなかでも、一等の魔球です。

で、 何が言いたいのかというと、焦ってもしかたがない、ということ。

「俳句はどこにも逃げていかない」と、ときどき人に告げます。少し話が違うかもしれませんが、焦ってもしかたがない。何をしていようが、いったん俳句を離れようが、俳句はいなくならない。待っていてくれる。

一方で、個人的には、このところ、近しい人の死や病に接しました。そのとき思ったのは、「人は、人の世は、あっけないものだ」ということです。

あっけないから、そのとき大切に思うことを、せいいっぱい大切にしないといけない。

焦ってもしかたがない。けれども、気づくと、大切なものはすでになくなったあとかもしれない。ふたつの事柄のはざまで、「じゃあ、どうしたらいい?」の答えを、私は見つけられないままです。

「俳句と、週刊俳句と、どんな関係があるんだ?」なんて訊かないでくださいね。そんなに厳密に考えて書いているわけではないので。



さて、落選展は、まだまだ続きます。
http://weekly-haiku.blogspot.jp/2013/11/34020131027.html

今週号には、落選展関連の記事のほか、佐藤文香さんが三橋敏雄を読む新シリーズ「SUGAR & SALT」がスタート。小林苑をさんの「空蝉の部屋 飯島晴子を読む」と同じく、『里』誌からの転載です。また、谷口慎也さんの「ショルダーバッグの中に 高橋龍句集『十余二』」は『連衆』誌からの転載。小誌『週刊俳句』では、このように、同人誌・結社誌(紙媒体)からの転載も、積極的に進めていきます。紙媒体の読者とはまた別の新しい読者に、記事が出会う。これは、読者にとっても、記事(書き手)にとっても、悦ばしいことではないか、という考えです。



それでは、また、次の日曜日にお会いしましょう。


no.343/2013-11-17 profile

■関根誠子 せきね・せいこ
1947年4月群馬県に生まれる。国立音楽大学声楽科を卒業。1988年「寒雷」入会。現在、「寒雷」「つうの会」「や」「炎環」所属。現俳協会員。句集に『霍乱』、『浮力』。東京都渋谷区初台在住。

■大和田アルミ おおわだ・あるみ
1960年6月18日生まれ。東京都出身&在住。句誌「唐変木」所属。

■対中いずみ たいなか・いずみ
1956年大阪市生まれ。2000年「ゆう」入会、田中裕明に師事。2005年第20回俳句研究賞受賞。「静かな場所」代表・「椋」同人。句集『冬菫』『巣箱』。


■三島ゆかり みしま・ゆかり
俳人。1994年より作句。 http://misimisi2.blogspot.com/

■生駒大祐 いこま・だいすけ
1987年三重県生まれ。「天為」「トーキョーハイクライターズクラブ」所属。「東大俳句会」等で活動。blog:湿度100‰
■小林苑を こばやし・そのお
1949年東京生まれ。「里」「月天」「百句会」「塵風」所属。句集「点る」(2010年)上梓。現代俳句協会会員。

■佐藤文香 さとう・あやか
1985年生まれ。句集『海藻標本』。

谷口慎也 たにぐち・しんや
1946年、福岡県大牟田市生まれ。20~30歳ころまで、俳句・川柳・短歌・詩の雑誌に同時参加し実作を重ねる。それ以降俳句に焦点を絞り、幾つかの句 誌を経て、平成元年に『連衆』誌創刊、現在に到る。句集に『谷口慎也句集』『残像忌』『俳諧ぶるーす』。評論集に『虚構の現実―西川徹郎論』『俳句の魅力 ―阿部青鞋選集』(共著)。

■柴田千晶 しばた・ちあき
1960年横須賀生。「街」同人。句集『赤き毛皮』(金雀枝舎)、共著『超新撰21』『再読 波多野爽波』(どちらも邑書林)。詩集『生家へ』(思潮社)など。映画脚本「ひとりね」。https://twitter.com/hiniesta2010

■野口る理 のぐち・るり
1986年生まれ。共著に『俳コレ』、『子規に学ぶ俳句365日』。
 
■馬場古戸暢 ばば・ことのぶ
1983年生まれ。自由律俳句(随句)結社「草原」同人。

■小川春休 おがわ・しゅんきゅう
1976年、広島生まれ。現在「童子」同人、「澤」会員。句集『銀の泡』。サイト「ハルヤスミ web site

■野口 裕 のぐち・ゆたか
1952年兵庫県尼崎市生まれ。二人誌「五七五定型」(小池正博・野口裕)完結しました。最終号は品切れですが、第一号から第四号までは残部あります。希望の方は、yutakanoguti@mail.goo.ne.jp まで。進呈します。サイト「野口家のホーム ページ」

西村小市 にしむら・こいち
1950年神戸市生まれ、埼玉県在住。2007年より「ほんやらなまず句会」参加、2012年「街」入会。

西原天気 さいばら・てんき
1955年生まれ。「月天」同人。句集に『人名句集チャーリーさん』(2005年・私家版)、『けむり』(2011年10月・西田書店)。ブログ「七曜堂」 twitter

0 コメント: