2014-03-02

自由律俳句を読む33 内藤寸栗子 〔1〕 馬場古戸暢

自由律俳句を読む33
内藤寸栗子 〔1〕

馬場古戸暢


内藤寸栗子(ないとうすんりつし、1873-1936)は、丹波出身の自由律俳人。『層雲』初期より没年に至るまで、井泉水に師事した。以下『自由律俳句作品史』(永田書房、1979)より、数句を選んで鑑賞したい。

また白壁に石蕗の花添う冬が来し  内藤寸栗子

寸栗子にとっては、白壁に石蕗の花が添う様に冬をみるのが日常だったのであろう。今年はどんな冬となることか。

塚の古さに鶯啼けりふるさと  同

たまにふるさとに帰って散策していると、新たな発見があるものだ。改めてみてみると、この塚はなかなかに古い。ご先祖様もこれを見て暮らしたのだろうか。

故郷遠き天窓の夜が明けた  同

前句とは異なり、こちらでは故郷を遠く離れている。夜明けを窓越しに眺めていると、どうにも故郷を思い出してならない。

なやましき春の牛の角が曲がつて居る  同

そこまでなやましいことではないように思うが、こうした句を詠めることに、すなわち、牛が生活の中にある暮らしに、少し憧れる。

紅い山茶花の病人の家はここなる  同

お見舞いに訪ねたら、家の前に赤い山茶花が咲いていたのだろう。わかりやすい目印となった。

0 コメント: