2014-05-04

自由律俳句を読む41 塩谷鵜平 馬場古戸暢

自由律俳句を読む41
塩谷鵜平

馬場古戸暢


塩谷鵜平(えんやうへい、1877-1940)は、当初は子規庵の句会に参加し、『ホトトギス』へも投句していた。後に碧梧桐に傾倒し、俳号を鵜平とする。1913年に発行した個人誌『土』は、28年間315号に及んだという。以下『自由律俳句作品史』(永田書房、1979)より、数句を選んで鑑賞したい。

くちなしの匂ふとも云はぬ人たちや  塩谷鵜平

作者にとっては、話題に出すほかないほど、くちなしの匂いが気になるのだろう。しかし周囲は、さほど気にしていない様子。なぜだ。

われのみおろかなるやうにて冷ゆる膝  同

複数人で座っている中で詠まれた句とみた。どうにもわれだけがおろかに思えて、膝ばかり眺めているのである。先の句と同様の景を覚えた。

花野来し君なれば庵の敗荷見て  同

この庵は、作者自身が住んでいるところか。花野と敗荷の対比によって、君がなお一層美しく見えたのではないだろうか。

我をながめている我なりし草萌ゆる  同

随分前にみかけた記憶のある句。作者が誰かわかる機会を得ることができて、嬉しい限りである。ここでの我は、結局は笑っているものと考えたい。草が萌ゆるのに、悩んでいるのはつまらない。

わが骨埋むも遠からず大地ここいらの芽  同

いつかは埋まることになるだろう、わが骨。この場所から遠くない大地で、きっと新たな生命となって芽生える。なかなかに、悪くはない死後である。

0 コメント: