2014-07-27

【週俳6月の俳句を読む】乾いていたのはだれか 柴田千晶

【週俳6月の俳句を読む】
乾いていたのはだれか

柴田千晶



春の夜に乾く無人のバスの中    原田浩佑

バスの中で乾いているのはだれか? 
ふつうに考えたら「私」なのだろう。乗客は私ひとりで、私自身がバスの中で乾いている、と感じている。
だけど無人の、と言っているのだからバスにはだれも乗っていないのだ。運転手も乗客も。
だとしたらバスの内部が乾いているのか? 春の夜に空っぽのバスが乾いている。
だが乾いていると感じているのは、いったいだれなのか?

などと、この句を巡ってぐるぐる考えてしまった。
バスの中で乾いているのが「私」だとしたら、私はもう人ではないのだろう。無人の、と言っているのだから。
この世の人ではなくなってしまった私がバスの中で乾いている。永遠にバスから降りることができずに――。

春の夜を煌煌と明かりのついた無人のバスが渡ってゆく。

いや、バスは動いていないのだろうな。一日の仕事を終えて車庫に入っているか、あるいはもう廃車となってどこかに捨てられているのか。
たとえば螢が飛んでいそうな沢の辺りとか。

螢火よ何かが足りぬ炒飯よ  同

けっして不味くはないけれど、美味しいとも言えない。美味しいと言うには、あとひと味何かが足りない。でもその何かがわからない。この満ち足りない感じ、よくわかる。
螢火よ、というのが異様でいい。炒飯を食べている人もこの世に生きている感じがしない。

原田浩佑の句はどれも少し変だ。

お手本をなぞると猫が濡れている  同

指いまだ箒の夢をみていたり  同

少し変なところに惹かれるのだが、でも何かが足りない気がする。「無人の」はほんとうに無人なのか? と、ぐるぐる考えさせたりせず、いっそもっと変になればいいのにと思う。


第371号 2014年6月1日
陽 美保子 祝日 10句 ≫読む
第372号 2014年6月8日
髙坂明良 六月ノ雨 10句 ≫読む
原田浩佑 お手本 10句 ≫読む
 第373号 2014年6月15日
井上雪子 六月の日陰 10句 ≫読む
第374号 2014年6月22日
梅津志保 夏岬 10句 ≫読む
第375号 2014年6月29日
西村 遼 春の山 10句 ≫読む

0 コメント: