2014-08-10

自由律俳句を読む 55 天坂寝覚〔1〕馬場古戸暢


自由律俳句を読む 55  天坂寝覚〔1〕

馬場古戸暢


天坂寝覚(てんさかしんかく、1985-)は、随句(自由律俳句)誌『草原』同人、自由律な会「ア・ぽろん」会員。ツイッターやネットプリントで自句を発表するなど、インターネット上において様々な活動を行っている。

たくさん雪降るまちに母おいて来た  天坂寝覚

いま住むこのまちには、雪はそんなに積もらない。雪空を見上げると、おいて来てしまった母のことを想わずにはいられないのだろう。もっともこの母はおいて行かれてしまったのではなく、吾子を送り出したつもりでいるはずである。

うそつきになって会いに行く秋雨  同

誰へうそをついたのか、どんなうそだったのか。とにもかくにも、お前に会えればそれでいいのである。秋雨に降られるうそつきの後ろ姿は、なかなかに格好よかったことだろう。

眠れない口からものがたりこぼれた  同

母の口から昔話がこぼれているのか、女の口からその半生がこぼれているのか、それとも自身の口から空想がこぼれているのか。いずれにせよこれは独り言ではなく、ものがたりを受け止める誰かが必ずいるように思う。

夏の色の舌出して拗ねてる  同

女の舌ととっても、子供の舌ととっても、愛らしい句。夏の色とはしかし真っ赤だったのだろうか、それとも、かき氷のブルーハワイ色だったのだろうか。

猫が出て行った影に入る  同

「猫を追い出してしまった影に入る」ではないところに、淡々とした雰囲気を感じた。真夏の日中に、こうした影はありがたい。

0 コメント: