2014-08-31

【今週の五七五】俳句よむ いけてるギャルは このわたし! 西原天気

世界は俳句で出来ている
【今週の五七五
俳句よむ いけてるギャルは このわたし!

西原天気


「今週の」というと毎週のようですが、ぜんぜんそんなことはありません。ずいぶん久しぶりです。

過去記事

なんと4年ぶりです。


さて、

  俳句よむ いけてるギャルは このわたし!  はいくちゃん

出典はこちら(≫http://yuru-chara.jp/prof-h01.html)。「はいくちゃん」は三重県伊賀市のご当地キャラ、ゆるキャラです。


「上半身裸で町を歩く」はツワモノというのとはちょっと違うと思うのですが、そうした奇行・蛮行の以前に、見るからに凶暴そうなところ、人の気持ちを逆なでするような顔つきは、どうなのでしょう? ゆるキャラ的に。




「俳句」といえば「俳都宣言」したとかの松山市、という意見もありますので、そちらの「ご当地キャラ」を見てみますと(≫http://www.city.matsuyama.ehime.jp/shisei/matsuyama/yuru.html)。

8体って多くないですか。

俳句関連は見つかりません。



「ゆるキャラ」は、いわば微笑ましい失敗、悦ばしい奇妙さを着ぐるみのご当地キャラに見出す態度です。前提として「本気」が欲しい。というより、本来は、本気でご当地キャラを仕立てあげようとした、その際に、何を間違ったのか、ゆるく奇妙な失敗作が出来てしまった。しかしながら、そこのところの「ちょっとした間違い具合」をこそ、あえて愛していこうという態度。

ところがブームとなると、ブームを当て込み、はじめから「ゆる」を目指したような着ぐるみが増えてしまった。それでは妙味がありません。

さて、掲句。

「あの、ちょっと、いいですか。あなたさまのどこをもってして『いけてる』と申されているのでしょうか?」などとオトナゲナイことを言ってはいけません。

で、ひとつだけ。繰り返し指摘されているにちがいありませんが、あらためて。

世の中で「俳句」と宣言して無季の五七五であることの、どれだけ多いことか。

「ギャル版松尾芭蕉」の「はいくちゃん」が、こうも堂々と無季俳句をものするわけですから、俳人協会も、方向転換すべきではないでしょうか。


(ウソですよ。冗談ですからね)


なお、「はいくちゃん」は2008年9月23日に誕生。いまでもどこかにいるのでしょうか。

と言ってみたものの、消息その他いっさい興味がありません。


0 コメント: