2014-10-19

【週俳9月の俳句を読む】 穏やかな日々 小林苑を

【週俳9月の俳句を読む】
穏やかな日々

小林苑を


特別なことはなにも起こらない。いつものように過ぎていく毎日。作者の実生活ではなく、俳句に流れる時間の話だ。それは俳句というひとりきりの場所のことでもある。

消印は昨日の銀座きりぎりす   森山いほこ
蚊の落ちる田圃のやうな机かな  同

昨日、出かけた銀座がもう遠い場所になって、日常に戻っている。蚊が落ちたことで机を田圃ようだと思う。きりぎりすや別れ蚊に込められた小さな感慨のようなもの。それはすぐに去ってしまう。こんな風に日々は過ぎていくのだ。

太刀魚を捌き明日から宇宙戦争   中山宙虫
また村が森にのまれる秋夕焼け   同

SFを読むという日常からのトリップ。穏やかな日常という約束にも綻びがあって、冒険や摩訶不思議への入口がある。太刀魚の鋼色にも、赤銅の夕焼けにも。ちょっと綻んでいるくらいが丁度いい。

旅程やや省略されし赤とんぼ   岡田由季
鶏小屋に葛の重みのかかりをり   同
交番の奥へドアノブ蚯蚓鳴く   同


旅の計画を変えて一部スルーする。よくあることだ。省略された日程と赤とんぼの軽さ。葛の重さ。ふと気づいたドアノブの向こう側。「あっ」という気づきの喜びのようなもの。こんな積み重ねを幸せというのだろう。


第388号2014年9月28日
中山宙虫 時間旅行記 10句 ≫読む
岡田由季 多国籍料理 10句 ≫読む
第387号 2014年9月21日
森山いほこ 昨日の銀座 10句 ≫読む


0 コメント: