2014-12-28

週刊俳句2014年アンソロジー 69名69句

週刊俳句2014年アンソロジー 69名69句 



除夜快楽なりぱみゅぱみゅも肉球も  佐怒賀正美  第352号

一枚の氷を天は地にあたへ  川名将義  第352号

セーターを脱げば眼鏡の引つ掛かる  小野あらた  第352号

冬青空鶏隙間無く積まれ  玉田憲子  第353号

混沌の欠片たとえば冬銀河  内藤独楽  第354号

旅行記に雨の匂いの残りけり  原 知子  第355号

風船に髭の女が描いてある  加藤水名  第355号

鳥曇りトイレットペーパー三個抱へ  瀬戸正洋  第356号

凍滝に朝の小さき月ありぬ  広渡敬雄  第357号

黒あげは道は乾いてをりにけり  内村恭子  第357号

ホチキス留めを百十余回のち日永  白井健介  第358号

がむしやらに生まれて春を呼ぶ子かな  山口優夢  第358号

料峭や海鳥白と黒ばかり  山崎祐子  第359号

心臓にも部屋のありけり籠枕  関根かな  第359号

斑雪なる団地くまなく日のあふれ  風間博明  第359号

深海に育つ巻貝はるまつり  大川ゆかり  第360号

雪解けて東京に三月十日  小澤麻結  第360号

梅二輪せなかあはせにほころべる  藤永貴之  第360号

兄弟の無くて従兄弟やあたたかし  齋藤朝比古  第361号

すごろくの目を待つ春の総武線  藤田めぐみ  第362号

出口より見ゆる風船売場かな  堀下翔  第362号

土よりもすこしあかるく雉あゆむ  川嶋一美  第363号

一片のはなびら明日切る髪に  近 恵  第363号

栃木かな春の焚火を七つ見て  西村麒麟  第364号

きつと捨てる風船ひとつ購はん  野口る理  第364号

陰と陽いずれを選ぶ茄子の紺  曾根 毅  第365号

さるぼぼを抱いて少年太郎冠者  山本たくや  第366号

春夕焼郵便受で手紙読む  仮屋賢一  第366号

待ち合わせのマクドが如何せん多い  木田智美  第366号

蒲公英の絮飛び終へて茎の赤  山下舞子  第366号

インク壺の中の階段夏の風邪  木村オサム  第367号

天帝の手紙静かなホバリング  飯島章友  第367号

となりより火が來て春のドレスかな  堀込 学  第368号

雑魚寝して中野に遂げる大輪廻  表健太郎  第368号

片蔭のこれはマヨネーズの蓋か  荻原裕幸  第369号

夏至の夜のもつとも遠き足の指  池谷秀子  第370号

はんざきがスペアの鍵を預かりぬ  仲田陽子  第370号

絵葉書に人影のなしつちふれり  庄田宏文  第370号

虫食ひの穴の一列子供の日  陽 美保子  第371号

荒梅雨のなかで生まれた馬を抱き  髙坂明良  第372号

お手本をなぞると猫が濡れている  原田浩佑  第372号

蝙蝠の翅ほのほのと帰り来ぬ  井上雪子  第373号

白玉や口ごもりたる話あり  梅津志保  第374号

壁ちぎりちぎりゆくかに春のナン  西村 遼  第375号

簡単な顔と歩いて日の盛  木津みち子  第376号

万の主権者と警官隊に夜涼のヘリ  関 悦史  第376号

にはとりを娶りし夜半の月涼し  西原天気  第377号

ハンカチが平たくひらき日は一つ  鴇田智哉  第378号

この世明るし豚はプールへ投げ出され  荒川倉庫  第379号

鏡にぶつかる小岱シオンと玉虫と  福田若之  第379号

背表紙だけ見ている恋とあめんぼと  宮崎斗士  第380号

蝲蛄のぞはぞは概念橋の下  遠藤千鶴羽  第381号

貝となる祈りの掌中にジュゴン寄る  豊里友行  第381号

台風の対策本部椅子が足りぬ  竹内宗一郎  第384号

蚊をつれて髑髏庵てふ休憩所  司ぼたん  第384号

鬼灯やねむりのあさき子を背負ふ  江渡華子  第384号

軽すぎて星座になりし干し占地  森山いほこ  第387号

アインシュタインの子がぞろぞろと秋の蜘蛛  中山宙虫  第388号

紙ふぶき拾へば四角秋祭  岡田由季  第388号

実は実は秋の重さよ実は実は  二村典子  第390号

あんた、皺。それ干柿。の、やうな、それ。  佐山哲郎  第391号

木犀や小さく鳴いて雀発つ  大西朋  第391号

蔦紅葉皿に平たくライス来て  塩見明子  第392号

子規の忌の座りて傘を股間へと  越智友亮  第392号

落栗のような一生何かある  秋尾 敏  第394号

心なき窗より鴫の飛び立てり  九里順子  第394号

地を這ひし十一月の針葉樹  かたしま真実  第395号

耳があるつづきに顔がある炬燵  岡田一実  第396号

冬支度そのそれぞれに日の当たり  太田うさぎ  第397号


〔西原天気・謹撰〕

0 コメント: