2015-01-18

後記+プロフィール404

後記 ● 村田 篠


最近、外でお酒を飲むと、しばらく頭が使いものにならなくなります。年々、どうしようもなくそうなってきています。もちろん、これは言い訳ですが。



1月17日で、阪神・淡路大震災から20年が経ちました。私は関西出身で、あちらに友人が大勢いますので、やはり、あのできごとは深く心に残っています。その日になるとことさらにニュースになることにいろいろ思うこともありますが、でも、たとえ1年に1日だけでも思い出すことに、意味はあると思います。忘れないために。



さて、今号から田島健一さんの「石田波郷新人賞落選展を読む」が始まりました。また、中嶋憲武さんの新シリーズ「ハイクふぃくしょん」も登場です。俳句作品はございませんが、レギュラー連載も合わせて読み物が充実していますので、どうぞお楽しみ下さい。



それではまた、次の日曜日にお会いしましょう。


no.404/2015-1-18 profile

■田島健一 たじま・けんいち
1973年東京生れ。「炎環」「豆の木」。現代俳句協会青年部委員。ブログ「たじま屋のぶろぐ」

■依光陽子 よりみつ・ようこ
1964年生まれ。「屋根」「クンツァイト」「ku+」所属。'98年角川俳句賞受賞。

■中嶋憲武 なかじま・のりたけ
1994年、「炎環」入会とほぼ同時期に「豆の木」参加。2000年「炎環」同人。03年「炎環」退会。04年「炎環」入会。08年「炎環」同人。

■小津夜景 おづ・やけい
1973年生まれ。無所属。

■馬場古戸暢 ばば・ことのぶ
1983年生まれ。自由律俳句(随句)結社「草原」同人。

■角谷昌子 かくたに・まさこ
東京在住。鍵和田柚子に師事。「未来図」同人。俳人協会幹事、国際俳句交流協会評議員、日本文芸家協会会員。詩誌「日本未来派」所属。句集に『奔流』『源 流』。木島始との共著に『バイリンガル四行連詩集〈情熱の巻〉』、角川書店 『鑑賞 女性俳句の世界(5巻 井沢正江)』、俳人協会紀要「中村草田男 第 一句集『長子』の時代」ほか。目下、揚羽蝶の飼育に熱中。近所の井の頭公園散策が日課(井の頭バードリサーチ会員)。

■村田 篠 むらた・しの
1958年、兵庫県生まれ。2002年、俳句を始める。現在「月天」「塵風」同人、「百句会」会員。共著『子規に学ぶ俳句365日』(2011)。俳人協会会員。「Belle Epoque」



0 コメント: