2015-01-18

自由律俳句を読む 76 富永鳩山〔2〕馬場古戸暢

自由律俳句を読む 76 富永鳩山〔2〕

馬場古戸暢


前回に引き続き、富永鳩山句を鑑賞する。

影が陽をつれてくる  富永鳩山

夏の朝の訪問客の様子を詠んだもののように思った。夏の影はどうにも濃くて、その背後の陽射しの激しさを表しているようなのである。

不機嫌な時間と旅している  同

旅先で、相方の機嫌が損なわれたのだろうか。しかしそれもまた旅のひとこまであって、後になればよい思い出に昇華する。ただ今が、面倒くさいだけなのだ。

秒針ていねいに命きざんでいる  同

病室の置時計を想像した。気になりだすと気にしないではいられないのである。

ダンプカーで来た女と美術展を見る  同

帰路にあっては、ダンプカーの助手席に座ることができたことだろう。少しばかり羨ましい。

踏めば泣く落ち葉の道だ  同

先日、落ち葉の道を歩んでいる際に滑り転びかけたことがあった。泣いているにも関わらず、踏み続けたためかもしれない。

0 コメント: