2015-02-08

後記+プロフィール407

後記 ● 福田若之


少々舞台裏の話をすると、今年の「新年詠を読む」企画は依頼としては余裕のないスケジュールでの依頼になってしまいました。そこで僕も、人に無理を頼むなら自分も書かねばなるめえ、などと言いながら、もともと書きたかった一句について書きたいことを書けるだけ書いたというような次第。

皆様、多忙な中でのご寄稿、いつも大変ありがとうございます。



それから、ついでにもうひとつ舞台裏の話をすると、このあいだ携帯電話のソフトウェアが壊れてしまったので、修理に出しました。今週号は代替機によるテザリングで更新しています。

ええ、ほんとどうでもいい話ですが、後記くらい、ほんとどうでもいい話もわるくないのではないかと。



今週号の表紙は山中西放さん撮影の琵琶湖と比良山。画面下方やや右寄りに映っている二基のテトラポッドに自然と目が行ってしまうのは、いったいどうしてなのか、不思議。実物がどうなのかは写真だけでは判然としませんが、写っている三基のテトラポッド(二基のほかに、よく見るともう一基、画面下方やや左寄りに頭だけ映り込んでいます)には妙な不揃い感があって、しみじみとした趣があります。



それではまた、次の日曜日にお会いしましょう。


no.407/2015-2-8 profile

■笠井亞子 かさい・あこ
東京生まれ。エディトリアル・デザイナー。「麦の会」会員。現代俳句協会会員。「百句会」「月天」「塵風」所属。2010年より「はがきハイク」を始める。

■生駒大祐 いこま・だいすけ
1987年三重県生まれ。「天為」「トーキョーハイクライターズクラブ」所属。「東大俳句会」等で活動。blog:湿度100‰

■山田耕司 やまだ・こうじ
1967年生まれ。俳句同人誌「未定」を経て、俳句同人誌「円錐」創刊に参加。その後、俳句作品の発表を中断。2010年 句集『大風呂敷』出版。現在、「円錐」同人。共著『超新撰21』(2010)。サイト 大風呂敷   


■小津夜景 おづ・やけい
1973年生まれ。無所属。

■馬場古戸暢 ばば・ことのぶ
1983年生まれ。自由律俳句(随句)結社「草原」同人。

■太田うさぎ おおた・うさぎ
1963年東京生まれ。「豆の木」「雷魚」会員。現代俳句協会会員。共著に『俳コレ』(2011年、邑書林)。

山中西放 やまなか・せいほう
1938年京都生。2012年より「渦」編集長。句集『風の留守』、『炎天は負うて行くもの』。他詩集2冊。

福田若之 ふくだ・わかゆき
1991年東京生まれ。「群青」、「ku+」に参加。共著『俳コレ』。現在、マイナビブックス「ことばのかたち にて、「塔は崩れ去った」掲載中(更新終了)。

0 コメント: