2015-03-15

10句作品テクスト 国津神 渡辺誠一郎

国津神   渡辺誠一郎

いつもより人の影踏む雛の日

鱗小波(こけさなみ)迷いて春の光なす

あざらしの水くぐる間の花の昼

春の雨人訪う人に道聞かれ

春は曙末期に未来思うべし

国津神坐せばたちまち春めけり

春霙中空涙ほども濡れず

また一人風にほどける春の辻

薔薇いつも一つの距離でありにけり

遊星の亀鳴くころとなりにけり

0 コメント: