2015-05-17

【八田木枯の一句】空罐と五月照応しつつ老い 西原天気

【八田木枯の一句】
空罐と五月照応しつつ老い

西原天気


缶詰はプルトップが多くなり、缶切りの出番は少なくなりました。《鳥渡るこきこきこきと罐切れば》(秋元不死男)のシーンは日常から失われつつあります(そういうことはよくある)。

空罐と五月照応しつつ老い  八田木枯

この空罐は昔からあるキコキコと缶切りで蓋をあけた缶、それもアルミ缶ではなくスチール缶という気がします。

銀色に輝く(あるいは錆びた)空罐と五月の照応。

問題は「老い」です。老いるのは誰か?

作者ともとれるでしょうし(照応しているのも作者)、空罐と五月が老いていくともとれる。私は、空罐も五月も作者も、と解しました。

空罐が銀色あら鈍色に錆色に。

五月のかがやきは、何年経ってもかがやきのまま。けれども、それは経年のかがやき。老いていく作者の目を通せば、ということ。

掲句は『天袋』(1998年)より。



0 コメント: