2015-06-28

〔今週号の表紙〕第427号 夜の小台橋 中嶋憲武

〔今週号の表紙〕
第427号 夜の小台橋

中嶋憲武



このあたりはまるでシテ島のようですという、足立区小台のカフェ「ブリュッケ」のマスターの言葉が頭にあったからか、この橋は「ポンヌフの恋人」という映画のなかでみたポンヌフの橋のようだと思った。ポンヌフの橋にはアーチが掛かっていなかったと思うが、このあたりの雰囲気と今夜の気分がそう思わせたのだろう。
 
夏至に近づくだんだんと日が伸びてゆくいまの時期は、一年のなかでも好きな季節だ。夏至が過ぎてしまうと余生のようで哀しい。

世界は点滅するモザイク模様のように
地球という卵の殻である 地表の上を
人間 そして動物植物昆虫魚たちが
せわしなく 動いている
(深澤紗織「世界は点滅するモザイク模様のように」)

今夜、ブリュッケで聴いた詩の一節を反芻しながら小台橋を渡った。



週俳ではトップ写真を募集しています。詳細は≫こちら

0 コメント: