2015-09-20

〔今週号の表紙〕第439号 雲とコスモス 有川澄宏

〔今週号の表紙〕
第439号 雲とコスモス

有川澄宏


写真を投稿したときの題名は「秋の雲とコスモス」でしたが、この短文を書き始めて、「秋の」で切っても、「秋の雲」で切っても、どちらも少しおかしいことに気付き、改めました。

雲は「10種雲形」ではたぶん「積雲」だと思うのですが、この雲は秋に限らず年中観られる雲なので、「秋」は不要でした。

コスモスは「秋桜」、これも「秋」をかぶせなくても大丈夫。

子供に雲の絵を描かせると、多くの児がこの「積雲」を描くそうです。別名「綿雲」とも呼ばれ、晴れて穏やかな日に浮いているので、イメージしやすいのでしょうか。

また、花を描かせると、男の子は「ヒマワリ」、女の子は「コスモス」が多いと、何かで読んだ記憶があります。

私が、これは良いぞ、と思ってシャッターを押した構図は、正に子供の感性だったようです。「子供返り」は喜ぶべきか、悲しむことなのか、わからないのが、正直なところです。

私事ですが、数年前に難病の認定を受け、外出は電動車椅子を操っているので、目線は車椅子目線です。重いカメラは持てないので、ほとんどiphone。撮ってすぐTwitterやMLに送れるので便利な世の中を体験できたのを、一応、喜んでいますが、本棚にただ飾ってある、あの一眼レフのシャッター音がまだ耳にのこっています。

(この写真もiphoneです)

「秋桜」と言えば、山口百恵も浮かんできたりして‥‥ >^_^<



週俳ではトップ写真を募集しています。詳細は≫こちら

0 コメント: