2015-12-06

【八田木枯の一句】水洟やどこにゐようと日は西に 西原天気

【八田木枯の一句】
水洟やどこにゐようと日は西に

西原天気


水洟やどこにゐようと日は西に  八田木枯

第5句集『夜さり』(2004年)より。

水洟という情けなくもちょっと愛しいもの。郷愁も漂ったりするのは子どもと結びつくからでしょうか(最近の子どもは水洟を垂れないのでしょうか。もしそうなら、失われた景。その意味でも郷愁)。

さて、私たちはオトナ。水洟が垂れないかというと、そうでもない。風邪でなくても、外気の寒さに水洟をつるっと。あるいは、じわっと。

それがどこであろうとも、身体が反応する。呼吸器系を守るための分泌。

それは、生きているなんだなあ、ということです。

人間の個体が生きるために水洟を垂らす。そういうちっぽけな努力と対照するかのように、太陽は大きく、毎日、西に沈んでいくわけです。


0 コメント: