2015-12-20

【句集を読む】捨てられる直前の記憶 杉山久子句集『泉』の一句 西原天気

【句集を読む】
捨てられる直前の記憶
杉山久子句集『』の一句

西原天気


捨てられしバナナの皮と本の帯  杉山久子

バナナの皮は捨てられる。本の帯も、人によるが、捨てる人もいる。どちらも捨てるもの、という仕組みだけで成立する句もあるが、この句はそうではなくて、場面がしっかりと見えてくる。これは読者にうれしい。

本の帯を捨てる人は、きっと読書家ではあっても蒐集家ではない。「読むこと」を実質的に楽しむ人です。本を丁重にあつかうことはしませんが、読み慣れてはいます。

だから、読みながらバナナをほおばるなんてことも(つまり、左手だけで本を支えて、右手にバナナ)、自然な所作でやりとげる。段落ひとつを読んでは、ぱくりとバナナを口へ。

いや、バナナの皮はすでに捨てられているのだから、食べている最中ではないだろう、って? もちろんそうなのですが、捨て置かれたものは、すべて、少し遡った過去の影をともなっているのですから、それほど無理筋の連想ではないでしょう。

それに、本を読む人の姿を思い浮かべるほうが、句が、ぐんと楽しくなります。




0 コメント: