2015-12-20

【句集を読む】スケールが引き起こすもの 矢野玲奈句集『森を離れて』の一句  西原天気

【句集を読む】
スケールが引き起こすもの
矢野玲奈句集『森を離れて』の一句

西原天気


地球儀はつるりと丸し蝸牛  矢野玲奈

地球と比べて地球儀はたしかに「つるり」としているかもしれませんが、考えてみれば、地球の凹凸も地球の大きさからすれば、あってないようなものかもしれない。誰かが巨大な掌で地球をつかめば「つるり」としているかもしれません。

といったことは脇に置いておいて、「蝸牛」です。

上中までは、なんということもないことが述べられているのですが、下五で、がぜん興趣が増す。これは、どういうことかというと、つまり、こういうこと(↓↓↓)だと思いました。



地球と地球儀のスケールから、蝸牛の巨大化が連想され、すると、『ドリトル先生航海記』の、あの巨大カタツムリが現れ、さらには海底という地球の肌(の一部)をゆっくりと、はるかに旅する、あの地理と時間が現れる。

「蝸牛」が、この句の中で魔法を起こしているわけです(私の中で、というの話ですが)。


0 コメント: