2016-01-10

【八田木枯の一句】一月や附箋のごとく死のごとく 西原天気

【八田木枯の一句】
一月や附箋のごとく死のごとく

西原天気


一月や附箋のごとく死のごとく  八田木枯

「附箋のごとく死のごとく」あるのは、いったいなんでしょうか。

「や」で切れてい入るものの、一月が、ということか。

あるいは、なにもかもが、ということか。

あるいは、あるもの、あることは、とうことか。

なにがしかの(私的・公的な)出来事を、私たちは、のっぺりとした時間の流れの途中に、ひとりでどんどんめくれてしまうページの途中に、「附箋」を貼るように、印象として刻み、(しばし)記憶にとどめます。

死もまた、そんな附箋のひとつでしょう。

知らぬ間に剥がれ落ちている、という点でも、誰かの死は附箋と似ているかもしれません。

掲句は第4句集『天袋』(1998年)より。


ピエール・ブーレーズ(1925年3月26日 - 2016年1月5日)



0 コメント: