2016-03-06

後記+プロフィール 第463号

後記 ● 福田若之

「八田木枯の一句」の執筆メンバー、西原天気さんが田中惣一郎さんに交代しました。

このコーナーの記事は、今週号で92本目を数えます。最初は、2014年5月4日に掲載された天気さんによる、ゆびとゆび高さをきそふ夏は来ぬ鑑賞でした。執筆者は入れ替わりつつ、いつか、すべての句が鑑賞されて、一冊の本になったりしたら、すごいな、とか思ったり。

ちなみに、『八田木枯全句集』(ふらんす堂、2013年)の収録句数は1985句とのこと。全句が鑑賞されるまで、単純計算で、早くとも、あと36年と半年弱かかります。僕は、もし生きてたら還暦を迎えているはずです。

なんとまあ、先の話。でも、想像すると、わくわくしませんか。



それではまた、次の日曜日にお会いしましょう。


no.463/2016-3-6 profile

■永山智郎 ながやま・ともろう
1997年生まれ。開成学園俳句部にて句作を始める。第15、16、17回俳句甲子園に出場。現在「銀化」会員、「群青」同人。

■渡部有紀子 わたべ・ゆきこ
1979年生まれ。「天為」同人、俳人協会会員。第5回(2014年)北斗賞佳作、「天為」平成26年(2014年)作品コンクール評論の部入選(「我が子を俳句に詠む方法ー天為同人の作品からー」)。

田中惣一郎 たなか・そういちろう
1991年岐阜県生れ。「里」同人。

■畠 働猫 はた・どうみょう
1975年生まれ。北海道札幌市在住。自由律俳句集団「鉄塊」を中心とした活動を経て、現在「自由律句のひろば」在籍。

西原天気 さいばら・てんき
1955年生まれ。句集に『人名句集チャーリーさん』(2005年・私家版)、『けむり』(2011年10月・西田書店)。ブログ「俳句的日常」 twitter

福田若之 ふくだ・わかゆき
1991年東京生まれ。「群青」、「ku+」、「オルガン」に参加。共著に『俳コレ』(邑書林、2011年)。

0 コメント: