2016-04-17

【週俳3月の俳句を読む】内から外、またはその逆 笹木くろえ

【週俳3月の俳句を読む】

内から外、またはその逆

笹木くろえ


貌覆ふ雛ひとつに箱ひとつ  渡部有紀子

貌を覆うことで、人形が持っているかもしれない情念、 更に作者の内に秘めた感情をもしまい込む感じを表現している。

雛一体に箱一つ。大切に保管されている雛人形であろう。柔らかな手指の動きが見えてくる。中七下五のh音の多用も、効果を上げている。


青き踏む面白きこと面白く  渡部有紀子

面白いことを面白く、というのは当然かもしれない。

しかし、ここに書かれていない面白くないことに対しても、面白く処しているのだろうと想像させる。

「青き踏む」が、希望に満ち前向きな印象を作品に与えている。


春浅しポストの内の闇に触れ  永山智郎

浅春の郵便物チェック。玄関先のポストの内側に指が触れて冷たかったのを、内部の闇に触れた、と表現した。心象風景とも読める。

この郵便物が、投函された時にも思いをはせる。赤いポスト(できれば、古い円筒形のタイプがいい)の底へ、白い封筒の角が少し当たって落下していく。目の前から消えた白さが、心の中に残る。


草餅やビルからビルの影へ出て  永山智郎

ビル街でことさら影を意識するのだから、天気の良い午後、と考えたい。

お客様からのいただきものか、自分で買ったものか、草餅を食べた。その好もしい香りを大切にしながら、これから外出。何だか元気が出た。仕事頑張ろう。


レコードの空転が始まる彼岸  西川火尖

レコードの片面が終わって、空転する。あの音を聞くのがいやで、最後の曲の途中から、妙に落ち着かなかったものだ。

さて、突然の「彼岸」だ。巨大なレコードが時の流れで、音楽が私たちの忙しない生活のように思えてくる。レコードの空転が彼岸への入口のようでもある。極楽浄土やら天文やら、次々連想できるのは「彼岸」の力。

世界が急に、とてつもなく広がっていくのが楽しい作品。


蒲公英や記憶正しいかも知れず  西川火尖

間違っているかも、ではなく、正しいかも、である。穏やかではない。

間違っている・狂っているのが当然、そこに無邪気に明るい蒲公英が咲いている。

蒲公英を見ていて、過去のどこかにフォーカスが合ってきた。その一瞬、「正しいかもしれない」とおずおずとした理性がはたらいているのが、可笑しいようで哀しい。


渡部有紀子 あがりやう 10句 ≫読む
永山智郎 硝子へ 10句 ≫読む
西川火尖 デモテープ 10句 ≫読む

0 コメント: