2016-07-17

後記+プロフィール 第482号

後記 ● 福田若之


納涼句会の告知を掲載しました。ご覧ください。個人的には、10代20代の人も、遠慮せずにがんがん送ってほしいと思っています。これをきっかけに、『週刊俳句』をもっと身近に思ってもらえたらいいなと。俳句作品は特別な機会に限っていますが、散文だったら、いつでも歓迎します。評論でも、鑑賞でも、ここにこんな書き手がいるんだぜ、って、見せてほしい。読ませてほしい。そんなふうに、思っています。『週刊俳句』が、これからいろんなことを書いていこうとしている書き手の、最初の一歩になるなら、それは、とってもうれしいことです。

作品は、二週にわたって『週刊俳句』編集メンバーの作品を掲載します。今週は天気さんと僕、来週は信治さんと篠さん。今週は、図らずも、固有名詞を用いた作品が並びました。

俳句を読むのコーナーでは、今回、異色のテクストをご寄稿いただきました。このページのプロフィール欄から、リンク先もぜひご覧いただければと思います。

さらに、生駒さんからは俳句ガイドライン板の紹介が寄せられています。これは、もしかするとあたらしい俳句分類のかたちなのかもしれません。



ほんとうに短いあいだに、社会ではあまりにも多くのことが起こりすぎていて、そのひとつひとつが、とてつもなく重大なことなのに、そのどれもが、とてつもない速さで過ぎ去っていってしまうような、奇妙な乗り物酔いのような、気分。

ニュースを見ていて海外にいるひとのことが心配になるとき、そのひとのことを他の多くのひとも心配しているのは容易に想像できて、そんなとき、うかつにこちらからメールなどすると、かえってそのひとにとっては負担になってしまったりするのではないかと、思ったりして、身動きがとれなくなってしまう。今日、そのひとが、この後記を読んでくれていたら、と思いながら、いま、それでまた、書く言葉がみつからずにいて、だけど、そう。また落ち着いたときに、きっと、すこし、話をしましょう。きっと。



国内の選挙に関していえば、こういうとき、インターネットで、自分とは違う政治思想や政治への無関心などに対する罵りや嘲りのために少なからぬ言葉が費やされてしまっているのは、見ていて心苦しい。僕だって聖人君子ではないし、そうした感情を抱くこと自体を真っ向から批判することなんてできないけれど、誰だって、自分のことを罵ったり嘲ったりしてくるような相手の話を聞きたいとは思えないし、それによって、たとえば今回投票に行かなかった人が投票にいくようになるかといえば、ならないでしょう。

それと、これはまた別のことですけど、たとえば、改憲を危惧する立場から社会にむけて何かを発するとした場合、議論としていちばん有効なのは、改憲が、それに賛成する当のひとたちにもたらす不利益を提示することなのではないでしょうか。仮に、家族を大切にしたくて改憲に賛成するひとがいるとして、改憲を危惧する人たちがそのひとにとって何か意味のあることを伝えうるとすれば、それは、改憲によって家族を大切にできなくなる可能性があるということではないでしょうか。いま、改憲を危惧しているひとたちの言葉の多くは、改憲を危惧している他のひとたちの共感しか引き出すことができていないような気がします。もちろんそれはそれで意義のあることだけれど、それでは、根本的に考えの違う人たちには響かない。僕は政治も法律も専門家ではないから、自分の立場からそうしたことを具体的に実行することはできないけれど、それをできるひとたちには、そういう議論もしてほしいと思うのです。

僕らはそれぞれ同じ考えのひとたちばかりでまとまりすぎてしまって、その結果、立場を問わず、主題を問わず、考えの大きく異なるひとたちに向けての言葉が、いま、とても貧しくなりつつあるのではないか。そんなことを、ずっともやもや考えています。 そう書く僕は、結局、こんなふうに言葉のことばかりしか書けずにいて、ほんとに駄目なんだけれども。



それではまた、次の日曜日にお会いしましょう。
 

no.482/2016-7-17 profile

■山本浩貴+h やまもと・ひろき+h 
1992年、531日生まれ。言語表現、批評、レイアウト。「いぬのせなか座」共催。Twitter:@hiroki_yamamoto

■角谷昌子 かくたに・まさこ
「未来図」同人。俳人協会幹事、国際俳句交流協会評議員、日本文芸家協会会員。詩誌「日本未来派」所属。句集に『奔流』『源流』。

■生駒大祐 いこま・だいすけ
「天為」。「手紙」「クプラス」「オルガン」。「週刊俳句」。ustream番組「Haiku Drive」。第3回攝津幸彦賞受賞。

中嶋憲武 なかじま・のりたけ
1994年、「炎環」入会とほぼ同時期に「豆の木」参加。2000年「炎環」同人。03年「炎環」退会。04年「炎環」入会。08年「炎環」同人。
 
西原天気 さいばら・てんき
1955年生まれ。句集に『人名句集チャーリーさん』(2005年・私家版)、『けむり』(2011年10月・西田書店)。ブログ「俳句的日常」 twitter

福田若之 ふくだ・わかゆき
1991年東京生まれ。「群青」、「ku+」、「オルガン」に参加。共著に『俳コレ』(邑書林、2011年)。

0 コメント: