2016-07-03

【句集を読む】食べものという恵み 須原和男『五風十雨』の一句 西原天気

【句集を読む】
食べものという恵み
須原和男五風十雨』の一句

西原天気


納豆のために葱あり朝日あり  須原和男

なんて美味しそう! 朝日に輝くのは、混ぜてからでもいいけれど、混ぜる前。納豆の一粒一粒の表面がつややかなうちがいい。葱もよく見えるし。

ほかにも、「美味しそうな」句がいくつか。

天に白雲てのひらに櫻餅  同

(白雲に「しらくも」のルビ)

食べものというのは、つまりは天の恵みという考え方があって、だとするなら、「いただきます」「ごちそうさま」は母親やお百姓さんにだけでなく、むしろ天に向かって言ってることにもなる。

春の月粥のやうなる雲を出て  同

雲が美味しそうに思えるのは、倒錯だけれど。

割りたての箸を汚しぬ鮎の腸  同

(腸に「わた」のルビ)

鮎よりもむしろ割り箸の木の匂いがしてくる句。


0 コメント: