2016-07-17

俳句ガイドライン板を作ったの記 生駒大祐

俳句ガイドライン板を作ったの記

生駒大祐


ガイドライン板、というネット掲示板があります。

ざっくり言えば、ネット掲示板上の面白い書き込みの改変ヴァージョン(面白い発想は往々にしてパロディ化される)を総覧できるまとめのようなものです。

この手の掲示板に慣れていない人にはさっぱりわからないかもしれませんが、URLはこちら

で、ですね。その俳句版を作りました。


俳句におけるパロディは様々な次元で存在します。

忍ぶれど猫に出にけり我恋は 子規
よく饒舌る妓と春を惜しみけり 万太郎

本歌取りのようなものから、

あやまちはくりかへします秋の暮 敏雄

批評性を持つもの、

幾千代も散るは美し明日は三越 幸彦

韻律を借りたものなど。

こういう明らかにパロディ、というのもありなのですが、そもそも型や季語などの反復性が強い要素が俳句に多く見られるのは、俳句は「似ている」ということと親和性が強いからだと僕は考えます。

ですので、上に書いた掲示板には、「あ、似ているな」という感覚を覚えた瞬間にそれを書き込んでいただければ、と。その「似ているな」の集積が、俳句を見通し良くし、次の俳句につながるのではないかと僕は思います。

という風に大言壮語でネタを真面目に見せるのが僕の悪いところですね。

俳句ガイドライン板は、皆様の書き込みをお待ちしております。

0 コメント: