2016-09-04

〔今週号の表紙〕第489号 角島大橋(山口県) 山中西放

〔今週号の表紙〕
第489号 角島大橋(山口県)

山中西放



眼前の海は“海土ヶ瀬戸”、涼やかで美しいエメラルドグリーンの海はまるでその先に竜宮でも在るような幻想を呼び起こし、白い長い角島大橋(1,780m)が手招く。通行無料。沖縄の古宇利大橋に次ぐ海の橋である。

吸い込まれるような二車線橋は渡ってそのまま島の無人地帯を横断し三方に分岐する。

左は人口900名の海沿いの小さな漁港へ下り、中央と右は「日本の灯台50選」に選ばれた明治の御影石造の日本一美しい歴史的灯台の在る“夢ヶ崎”へ下る。

訪れたのは旅の途中、午前八時の灯台公園。番人も来ていない駐車場が二つ。周りには人家もなく、原野に接し、灯台(有料)に接し、美しい浅波遊ぶ日本海に面して在った。
帰り際、駐車場番の婆様がにこにこと珍しい海産干物の袋を土産にと渡して呉れた。300円の駐車料より高かったろう。




週俳ではトップ写真を募集しています。詳細は≫こちら

0 コメント: