2016-09-18

【週俳8月の俳句を読む】リズミカルかつ体感的 三島ゆかり

【週俳8月の俳句を読む】
リズミカルかつ体感的

三島ゆかり


追ひこさず追ひこされずに踊の輪   加田由美

当たり前のことを言っているようでいて、似て非なるものがいろいろ言外に頭をよぎる。例えばエスカレーター。いつから二人幅のエスカレーターの片側が追い越し専用レーンになってしまったんだろう。あるいは例えばフォークダンス。八小節だか十六小節だか単位でパートナーが入れ替わり、意中の人が次第に近づきまた遠ざかる。そんないくつかが頭をよぎるものだから、「追ひこさず追ひこされずに」がじつに絶妙に感じられる。また、「追ひこさず/追ひこされずに」というたたみかけからは、踊りの振り付けのちょっと身のひねりなども、リズミカルかつ体感的に思い出される。じつにいい句である。



第485号2016年8月7日
進藤剛至 清水 10句 ≫読む
第486号 2016年8月14日
加田由美 引き潮 10句 ≫読む
鷲巣正徳 ぽこと 10句 ≫読む
生駒 大祐 読む 
田島 健一 読む 
鴇田 智哉 読む 
福田 若之 読む
宮本佳世乃 読む
岡野泰輔 焦げる 10句 ≫読む

0 コメント: