2016-10-30

10句作品 確かなあはひ 樫本由貴


クリックすると大きくなります



確かなあはひ   樫本由貴

塔といふ涼しきものや原爆以後
朝や僧まづかげろふを掃いてゆく
桜子てふ桃子の姉や桐一葉
つとめての紅葉を下に安芸の橋
空をして確かなあはひ雁の飛ぶ
火葬場のけふを紅葉の坂なりけり
花カンナからりと生けて授乳室
早退や街は銀杏の重さして
色変へぬ松や地蔵の顔あはき
木の実降る限りこの川原爆以後

0 コメント: