2016-11-20

【八田木枯の一句】貫く光さまよふ光凍死体 西村麒麟

【八田木枯の一句】
貫く光さまよふ光凍死体

西村麒麟


『汗馬楽鈔』(1988年)より。

貫く光さまよふ光凍死体  八田木枯

死体に美醜があるかどうかは難しいが、凍死体はその五体が朽ちない点では美しいと言えなくもない。

生物の気配の無い空間で、凍死体(自分でも他者でも、或いは複数でも)が永遠の時を過ごす。鋭く走る光を眺め、うっとりする。

凍死体は羨ましくはないが、その冷たい、清潔な時間を美しいと思う、などと書いたら不謹慎だろうか。


0 コメント: