2016-12-04

2016「石田波郷新人賞」落選展  4. 光 新藤生糸

2016「石田波郷新人賞」落選展



4.  新藤生糸

冬暁の始まりラヂオブースより
手を繋ぐやうに聖樹に足す灯
湯冷めしてちひさき声とならざりき
目の前にコツプかぢきは沖にゐる
対岸の町にサーカス冬の靄
寒の月接骨院にある足湯
踏切で途切れる橇の行方かな
あをあをと鍋沸き立つてくぢら汁
炊き出しに持ち寄る水や春寒し
畦焼くや巣穴へ入りゆく煙
逆立ちに晒す足裏風光る
流氷の裏に明るき水面あり
北窓を開くや海のある下宿
雛しまふ和紙それぞれに肩の形
かげろふや壁西側に鳥の群
笑ふたび拭ひし涙しやぼん玉
夏兆す植物園に増ゆる池
ほうたるのやうやう水を吸ふ命
風鈴の海の映らぬ日々となり
背泳ぎに眩しき夜の水面かな

0 コメント: