2017-06-25

【俳誌を読む】野遊びの手 『鷹』2017年7月号+『椋』第76号 西原天気

【俳誌を読む】
野遊びの手
『鷹』2017年7月号+『椋』第76号

西原天気


野遊びのとき、手は、きほん、所在ない。足がだいじ。手は何かに触ったりもするけれど、目で見たり、耳で聴いたり、鼻で嗅いだりが主役。

野遊びのポケットの手を出しなさい  石田郷子〔*1〕

さびしがるてのひらと野に遊びけり  南十二国〔*2〕

メインではないだけに、手のことが気になったりもする。


〔*1〕『椋』第76号(2017年6月5日)

〔*2〕『鷹』2017年7月号


0 コメント: