2017-10-08

10句作品 拡大鏡  山岸由佳


画像をクリックすると大きくなります



拡大鏡  山岸由佳

野分あと歩行者天国にこども
カンナから土砂降りの橋みえてゐる
小鳥来るまひるを眠らないやうに
蟋蟀のこゑ十字路を嗚呼と風
花野から戻り拡大鏡に瞳
指で書く文字木犀の香るなか
残る蚊と雪の図鑑へ日のあたる
百坪のゑのころ草の売られをり
電柱の影踏み或る日の秋暑し
あたらしい記憶きつと鶫だらう

0 コメント: