2017-10-15

中嶋憲武✕西原天気の音楽千夜一夜 第21回 ベートーヴェン「皇帝」

中嶋憲武✕西原天気の音楽千夜一夜
第21回 ベートーヴェン「皇帝」


天気●あのね、このまえ、福田若之くんにジミ・ヘンドリックスの話を聞いたんです私、ジミヘンは若い頃はあまり聞かなかったのですが、オトナになってからのある時期、朝、仕事を始めるとき、「さあ、なにがなんでも元気を出さなくちゃ」というときに、よくジミヘンを聞いていたんです。

憲武●ぼくはジミヘンと誕生日が一緒なんですよね。そのことを知って以来、なんか親近感あるんですよ。

天気●誕生日が一緒だと、そうなりますよね。私は、ショパン猪狩と誕生日が同じ。

憲武●おお、いにしえのレッドスネークカモン。因みにジミヘンの生年の1942年はポール・マッカートニーの生年でもあります。はい。

天気●でね、もうひとつ「朝の元気」のために聞いていたのが、グレン・グールドの「皇帝」なんです。



天気●これ、気分が上がるんですよね。

憲武●この指揮者のカレル・アンチェルって人、一番最初に買ったクラシックのレコード「新世界より」の指揮してました。理知的な音を出す人ですね。

天気●グールドの皇帝はストコフスキー指揮のほうが有名のようですが、YouTube でたまたま。それはそうと、憲武さんは、ありますか、朝の栄養剤みたいな音楽。

憲武●その時々でいろいろあります。スガシカオの「リンゴジュース」だったりとか、ペレス・プラド楽団だったりとか、レッド・ツェッペリンだったりとか。

天気●ペレス・プラド! マンボナンバー5で「ウッ!」とかって叫んだりするの?

憲武●心の中で、合わせますね。意外と高い声で。それは電車の中だったりするからなんですが。心の中は自由です。

天気●自由ですねー。

憲武●あとはホルストの「惑星」。とりわけ「天王星」がいいです。上がります。心のダークサイドも含めて。

天気●ダークサイド、深そう。


(最終回まで、あと980夜) 
(次回は中嶋憲武の推薦曲)

0 コメント: