2017-12-10

中嶋憲武✕西原天気の音楽千夜一夜 第29回 市丸「三味線ブギウギ」

中嶋憲武✕西原天気の音楽千夜一夜
第29回 市丸「三味線ブギウギ」


天気●忘年会シーズンですね。そろそろ。

憲武●世間一般では、そのようですね。

天気●私自身は興味ないんですけどね。宴会などしなくても、どんどん忘れちゃいますから。

憲武●ま、ぼくは飲めないので、いろいろと記憶に留めておきますけど。

天気●というわけで、市丸「三味線ブギウギ」です。



天気●三味線がブギによく合ってる。とくに歌と歌のあいだ、数本のジョジョリンジョ、ジョジョリンジョっていうリフ。

憲武●なんかねー、ロック的なものを感じます。服部良一すごいなぁ。

天気●わりあい本格のホーンアレンジのなか、歌唱・発声はいかにも芸者さん。みごとにハイブリッドです。

憲武●思い出のメロディーなどで、市丸さんよく見てましたけど、子供心にも美人と思いましたね。

天気●笠置シヅ子「東京ブギウギ」が1948年1月発売。ブギが流行して、この「三味線ブギウギ」が翌年1949年。便乗しているわけですが、歌詞には「猫も杓子もブギウギ♪」。皮肉なのか自虐なのかわからないこの歌詞、大好き。

憲武●「踊りゃよくなる ますますよくなる 茄子もカボチャも 景気もよくなる♪」。うーん、この言葉のチョイスいいですね。悪いものも、踊ればよくなるという。

天気●歌詞、いいですよね、「ハローベイビー、シャシャリツシャンシャン♪」とかね。

憲武●ググってみると、なんと浅草の芸者さんだったんですね。そして柳橋に住んでいた。粋だ。



(最終回まで、あと972夜) 
(次回は西原天気の推薦曲)

0 コメント: