2018-01-14

後記+プロフィール 第560号

後記 ◆ 村田 篠

あっという間に1月の半ば。新年気分も落ち着き、「週刊俳句」も通常運転に戻りました。

先週はたくさんの新年詠をお寄せいただき、ありがとうございました。週俳の新年詠を年中行事のひとつと認識して下さっている方もあり、ありがたい限りです。1句だけ掲載が今週号になりましたが、お送りいただいたこと、感謝致します。

毎年、年末の振り返り記事を書いて「今年も終わった!」とほっとしているわけですが、気がついたらまた年末が来ている、ということの繰り返しのような気がしています。時間が経つのが、ほんとうに、むやみに早い。その分、忘れるのも早くなりました(それはまあ、年齢のせいかもしれませんが)。

ですが「句会」というのは、時間の流れ方が通常と違うようなところがあります。私にとっては、生活のなかに「俳句の時間」があることが、俳句に出会ったことの一番の幸せなのかもしれません。

どうぞ本年もよろしくお願い致します。



それではまた、次の日曜日にお会いしましょう。


no.560/2018-1-14 profile

■塩見恵介 しおみ・けいすけ
1971年大阪生まれ。「船団」所属。句集に『虹の種』、『泉こぽ』、『関西俳句なう』(共著)。その他『お手本は奥の細道 はじめて作る俳句教室』、『写真で読み解く俳句・短歌・歳時記大辞典』(監修)。現在、「朝日小学生新聞 春夏秋冬楽しく俳句」を毎週火曜連載。甲南高校文芸部顧問。4月より同志社女子大「創作」講義に復帰(予定)。


■瀬戸正洋 せと・せいよう
1954年生まれ。れもん二十歳代俳句研究会に途中参加。春燈「第三次桃青会」結成に参加。月刊俳句同人誌「里」創刊に参加。2014年『俳句と雑文 B』、2016年に『へらへらと生まれ胃薬風邪薬』を上梓。

■松下カロ まつした・かろ
美術史家。著書『女神たち神馬たち少女たち』『白鳥句集』。猫好き。

■宮本佳世乃 みやもと・かよの
1974年東京生れ。2015年、「オルガン」を始動。「炎環」「豆の木」。句集『鳥飛ぶ仕組み』。

中嶋憲武 なかじま・のりたけ
1994年、「炎環」入会とほぼ同時期に「豆の木」参加。2000年「炎環」同人。03年「炎環」退会。04年「炎環」入会。08年「炎環」同人。

■西原天気 さいばら・てんき
1955年生まれ。句集に『人名句集チャーリーさん』(2005年・私家版)、『けむり』(2011年10月・西田書店)。笠井亞子と『はがきハイク』を不定期刊行。ブログ「俳句的日常」 twitter

■村田 篠 むらた・しの
1958年、兵庫県生まれ。2002年、俳句を始める。現在「月天」「塵風」同人、「百句会」会員。共著『子規に学ぶ俳句365日』(2011)。「Belle Epoque」

0 コメント: