2018-04-15

オン座六句「次のあじあ」 捌=北野抜け芝

オン座六句「次のあじあ」
捌=北野抜け芝


[第1連]
花/春    陽よ花が次のあじあへふりそそぐ    大塚 凱

            われらのなかのわれに春雨    北野抜け芝

             釣竿を提げて木立を連れ立ちて    生駒大祐

             言語野に棲む鳥のうれしく    柳元佑太

月/秋    講堂の鏡に月の入る時間    副島亜樹

            すすきながめてえいえんに馬鹿    宮﨑莉々香

[第2連]
         大天使同士の恋は毛深いと    福田若之

         いつくしんでは火の手があがる    青本瑞季

            ゆけむりの白を印刷する夜更け   

             誤植のやうな枕木の罅    若之

氷/夏   氷より生まるる蟬を握りつつ    加藤 靖

         麦茶はぼくの日々をおかさず    青本柚紀

[第3連]【自由律】
            ソファーをはなれないアフリカゾウの空気   

             二つ返事の糞便    若之

         舐めてすつぱい目玉のことを書き残す    瑞季

         妙な苗字にかはる    莉々香

            矢切の渡しをたかしと渡る日のひかり   

             猫として育つ犬    西生ゆかり

[第4連]
        床の間にあらたかな岩据ゑられし    瑞季

             記憶つめたく痰壺に吐く    若之

        ありあまる富をころがしあふ手術    同

             伸びゆく枝のどうしやうもなさ    瑞季

        冬めいた何戸袋に隠れゐて   

恋/冬    カイロがはりにふとももがある    三浦けいこ

[第5連]
            母想ふアンモナイトをほどくとき    ゆかり

             まんだら越しにすりぬける風   

新年      町のぼんやりに初詣が濡れて    若之

             夕暮れのきて羽のぱつきり   

        花嫁の横顔すこしだけ崖似   

             朝明けがきてみんなそつくり    執筆 

二〇一八年三月三十一日 首尾
於:代々木公園

0 コメント: