2015-12-27

週俳2015年1月のオススメ記事 読み書きの堆積 西原天気

週俳2015年1月のオススメ記事
読み書きの堆積

西原天気



越年となったシリーズ【2014角川俳句賞 落選展を読む】(依光陽子)の最終回「5.書き続けるしかない」は第405号

全て、未知なる俳句に出会たいという我儘な欲求と、何よりも生涯不変の俳句愛に拠るものである。そぐわない事を書いたかもしれないが、そこは読者や作者の寛大さに委ねどうかご容赦頂きたい。当初の予想通り、書いた内容は全て私自身に跳ね返って来ており、妥協せず作句することはますます困難になりそうである。しかし書き続けるしかないのだ。(依光陽子)
バックナンバーを並べておくと、

≫0. 書かずにはいられなかった長すぎる前置き
≫1. ノーベル賞の裏側で
≫2. 何を書きたいか
≫3.みんなおなじで、みんないい?

同号からは、田島健一「【2014石田波郷新人賞落選展を読む】思慮深い十二作品のためのアクチュアルな十二章」が始まり、併せて「2014石田波郷新人賞受賞作を読む」(小池康生佐藤文香)。

また、じつに10回を重ねたシリーズ【鴇田智哉をよむ】(小津夜景)の第7回「息する影」も。


書かれたものが読まれ、書かれ、そしてまた読まれ……。〈書く〉ことの企てと〈読む〉ことは、たがいに他方(のみ)によって支えられているのかもしれません。

0 コメント: